やりたいことは家に在る

営業を辞めた女がプログラマーになるまでの記録。

【ウェブカツ8.5ヶ月経過!】転職して感じたこと

f:id:echigorira-diary:20200115210008p:plain

みなさんこんにちは!

プログラミングスクールウェブカツで絶賛プログラミング勉強中のまるみです!

女性割引を適応させていただいており、格安な金額で入部させてもらってます。

 

ウェブカツでプログラミングの勉強を始めて8ヶ月半経過しました。

1月1日から年始ということで旦那の実家に帰省し、USJで遊びまくって、帰省から戻った途端インフルエンザになり、仕事始め(新しい職場での勤務初日)は病院へ行って休み、そこからずっと寝込んておりまして…。

正直プログラミングやってません、すいません!!!!!

プログラミングの勉強も、働くことも、全ては健康あってこそだと思いました。

 

そんなこんなでプログラミングについて書くことはありません。

働いてまだ2日ですが、働きながらプログラミングの勉強している人、全員尊敬します。

私全然できてない…。

 

なので本日は転職して2日目ですが、私が感じたことを徒然なるままに書いていこうと思います。

 

▼今後の決意表明のお話

www.yaritaikoto-ha-ieniaru.com

 

▼そもそもプログラミングスクールウェブカツとは…?という方はこちら

 

webukatu.com

 

 

1、転職して2日目…こんなことしてます!

前述の通りインフルエンザになりまして、1月1日入社なのにまだ働いて2日目なのです。内定取り消されなくてよかった…。

 

WEB制作会社のアシスタントWEBディレクターとして入社しています。

日本全国の市町村のWEBサイトを作ることになりそうです。

私はまだアシスタントなので担当持たないのですが、今後東北や関東近郊のクライアントを担当することになります。

月に2回くらい出張でクライアントのところに訪問するようです。

 

早速来週東京と埼玉と山梨に3泊4日の出張に行ってきます!楽しみ!

 

2、転職してよかったところ

①メリハリのある生活

前職はほとんど毎日出張、かつみなし残業制だったので自由だった分仕事とプライベートの境目が全然ありませんでした。

今の仕事はチャイムがなって12時になると全員ご飯を食べる。

フレックス制なので、9時に出社した人は18時のチャイムでサッと帰って行きます。

今まで22時まで働いて、そんな遅くまで働いてもみなし残業制だったので残業代も出ず。

それが当たり前で19時に帰れる日なんて滅多になかったのに、今は19時に帰ると遅いくらい…。

人間らしく働いているなと思いました。

 

②人間関係がさっぱりしている

仕事後に飲みに行ったり、誕生日プレゼントのやりとりをしたりということが全然ないみたいです。

バレンタインとか誕生日とか送別会の準備とか業務時間に時間作って対応していたので、それがないのは少し寂しいと思う反面、すっごく楽だなと思います。

合理的な方が多いので、あまり感情で人の顔色伺って仕事すること少ないなーと感じています。

 

③無駄がない

他部署がどんなことやっているかインプットするための会議がないです。

前は3ヶ月に2回くらいあったのに、全社で集まる機会が全くないんです。

だから配布資料を印刷して渡されることもないし、そもそも紙で資料を印刷することが少ないです。

 

メールでやりとりせず、チャットやSlackでやりとりするので

「〇〇さん お疲れ様です。まるみです。▲▲の件ですが、いかがでしょうか?お手すきの際にご確認いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。まるみ」

みたいな無駄なメールのやりとりもラリーもしなくていいのは楽です。

返信とか絵文字押すだけでいいですからね。

すんごい楽。

 

3、転職して不安に思うところ

①WEBディレクター完全に甘くみてた!

WEBディレクターって、要はディレクションする人だから紙媒体の編集者と同じ感じでしょ?と思っていました。

前職で紙媒体の編集者と一緒に仕事していたので、私の中にディレクターのイメージがあったのですが、WEBディレクターって思っていたより仕事が複雑で多い…。

 

自治体のサイトはアクセシビリティ(老若男女、障害をお持ちの方も全員が情報を得られるようにすること)を重視していて、読み上げ機能や背景の色を変える機能をつける必要があります。

読み上げ機能をつけるために例えば画像にalt属性を必ず入れたり、「FAX」ではなく「ファックス」と記入したり、確認することがたくさん。

そして自分がタスク抜け漏れていたら他者に迷惑がかかるというプレッシャー。

クライアント持つことになったら魂削れそうだなーと思いました。

 

②自分だけ武器がない

同じWEBディレクターの先輩は元エンジニアさんや元デザイナーの方なのです。

私だけプログラミングもデザインも自信ない…と焦っています。

元営業なのでそこのスキルを生かして、違う切り口で牽引できるように頑張りたいなと思いました。

エンジニア目指していて、将来はWEBディレクターになりたいと思っている方は、プログラミングのスキルもあってかなり強いと思うし、全然キャリアチェンジはできるようなので、将来のありたい姿としてはめちゃくちゃいいと思いました。

 

4、ウェブカツ生に伝えたいこと

私の隣の部署が開発系の部署でよくエンジニアさんたちの会話が聞こえてきます。

「Gitでマージして」「Gulpで回して、Webpackでどうのこうの…」

この私ですらどんな話しているかわかります。

私がウェブカツでプログラミングの勉強していなかったら「呪文…ですか?意味不明!」ってなっていたことが普通にわかるってすごいなって思います。

ウェブカツ卒業生と本当に同じくらいのレベルの人もいるのではないかと思います。

 

ウェブカツ続けたら絶対にエンジニアとして即戦力になれると思います。

先輩方も続々と内定でていますしね。

 

5、余談

今回は中身のうっすいブログでも読んでいただいてありがとうございます。

開発練習は楽しいのですが、正直Laravelというかjs上級あたりから本当にプログラミング好きじゃないなーと思ってしまって全然進みが遅くなってしまいました。

ウェブカツ卒業したいけど、全然ついていけてなくて萎えてます。

数ヶ月に1回来る暗黒期です。

 

平日全然やる気が起きず…。

ちょっと考えて行動しなければこのまま退部してしまいそうなので、ここからまた心機一転頑張っていこうと思います。