やりたいことは家に在る

営業を辞めた女がプログラマーになるまでの記録。

【プログラミングスクールウェブカツ1か月経過!】私がこの1か月で意識したこと6つ

 

f:id:echigorira-diary:20190531223957j:plain


みなさん、こんにちは!

1週間の楽しい新婚旅行から帰って来て早々、急性胃腸炎になり休養中のまるみです。

賞味期限切れのパン粉を食べたことが原因のようです。

パン粉って開封前の賞味期限しか書いていないんですよね。

そして開封後は要冷蔵で保存しなければならないようです。

無知とは怖いものだと思い知らされました。

 

さて、ウェブカツ(https://webukatu.com/home)を始めて1か月経とうとしております。

新婚旅行と体調不良で厳密には20日ほどしかできておりませんが、節目としてこの1か月間私が意識して取り組んでよかったと思っていること6つをまとめました。

プログラミング学習している方のお役に立てると幸いです^^

 

 

 

1、プログラミング学習の計画を立てるべし

最初の1週間は何も計画を立てずに1日数時間やって疲れたり集中力が無くなったりするともう学習をやめるという日々を過ごしていました。

そうなると、私のような意志の弱い奴はラクしようとするんですよね…。

なので、ウェブカツにおける最終的な目標を決めた上で、いつまでに何をやればよいか計画を立てました。

手順は以下です。

①ウェブカツにおける最終目標を決める

エンジニアとしての目標ではなく、”ウェブカツ”の目標です。

私は雇用保険やこれからの人生を考えたときにどうしても9月までには再就職したかったので、5月~8月までに各部活の修了とポートフォリオの作成を終わらせると決めました。

この目標は本当に人それぞれだと思います。

私の場合、4月末で仕事をやめて今は勉強に専念できる環境があるためこのような設定をしています。

仕事をしながら勉強されている方、産休・育休の中勉強されている方はこればかりではないと思うので自分に合った目標を立ててみると良いかと思います。

 

②逆算スケジュールでいつまでに何を理解するか決める

8月末までに終わらせるためにどのくらいの時間が必要なのかウェブカツに関する様々なサイトを調べました。

まずはウェブカツの公式ブログ↓

webukatu.com

こちらには1部活20時間で合計約300時間くらい必要とのことでした。

そのため3か月で終わらせるためには単純計算で1週間に25時間必要だということがわかります。

そのため平日は5時間やればよいということがわかりました。

 

ただしそれぞれに部活にどのくらいの時間を割いてよいのかはここからは読み取れません。

そこで参考にさせていただいたのがこちらのブログ

megumikan.work

 

めぐみかんアプリ開発記さんのブログにどの部活をいつ開始して、いつ終わったかが記載されています。

こちらを参考に自分のスケジュールに当てはめて毎日のタスクを決めました。

ウェブカツ卒業までの所要時間  
部活一覧 回数 時間/回 合計(時間)
HTML・CSS入門 23 0.25 23
javascript・jQuery部 入門 14 0.25 14
PHP・MySQL部 19 0.25 19
ネットワーク・サーバー部 9 0.25 9
WEBサービス部 25 0.25 25
PHPオブジェクト指向部 11 0.25 11
WordPress部 12 0.25 12
javascript・jQuery部 中級 33 0.25 33
HTML・CSS部 中級 12 0.25 12
HTML・CSS部 上級 13 0.25 13
PHPフレームワーク部 12 0.25 12
javascript・jQuery部 上級 34 0.25 34
営業部 15 0.25 15
起業部 30 0.25 30
WEBマーケティング部 14 0.25 14
保険部 15 0.25 15
Ruby on Rails部 22 0.25 22
鬼練 10 0.25 10
合計 323 4.5 323

 初期に立てた計画のため、若干甘いところもありますが…。

毎日のやることが明確になったので、「疲れたからやめよ~」ではなく「今日のタスクが終わったからやめよう♪」という考えになりました。

 

 

2、自分に合った時間帯を見つけるべし

人間得意な時間と不得意な時間があるようで、どうしても午後になると集中力が切れてきて動画を見ても右から左に受け流してしまうことが多かったです。

またインプットは集中力が必要だと感じる一方で、アウトプットは夢中でできるので午後からでも集中してできるということがこの1か月でわかりました。

そのため、プログラミング学習する上で以下のことを意識しました。

  • なるべく朝に予定を入れないで勉強に充てる
  • もし午前中に予定が入ってしまったら早く起きて1時間でも勉強する
  • なるべく午前中にインプットして午後は手を動かす時間にする

私は完全朝型人間なのですが、夜型の人もいるかと思いますし、そこはご自身のカラダと相談してみてください。

 

 

3、何時間やったかではなく何ができるようになったかを意識すべし

前述したとおり1日5時間を目標に学習を進めていましたが、途中で気が付いたことがあります。

1日5時間やったときに「ウェブカツ5時間もやった!こんなに長く集中できた!」という嬉しい気持ちの後に「あ…でも今日はエラーを見つけられなくてこれしか進んでない…なんならプログラミングの新しい知識1つも学んでなくない?」ということがありました。

その時に「1日5時間」にこだわりすぎていたと思いました。

Twitterで今日どのくらいの時間勉強したか報告するので時間の長さにこだわってしまっていたのですが、毎日何を学んだかを意識することでより密度の濃い学習につながっていると思います。

 

 

4、時には参考書や他のサービスも活用すべし

前回のブログでProgagteとの併用が良いですとお伝えしました。

www.yaritaikoto-ha-ieniaru.com

ウェブカツでプログラミングの勉強をしていると、その速さについていけなくなる時があります。

理解しながら動画見てアウトプットしているつもりでも、理解度チェックで全く答えがわからず「あー全然わかってないで進めていたんだな」と自分の理解力のなさに愕然とする時があります。

そんなときにオンラインプログミラング学習サービスProgate(https://prog-8.com/)でどこで躓いているのか確認します。

そしてウェブカツに戻って学習を進めます。

 

また、適宜プログラミング学習の参考書を使用するのも良いかと思いました。

今までは「初心者のためのプログラミング」みたいな初歩的な本を読んでいたのですが、この度PHPがわからな過ぎてちょっと専門的な知識多い「PHP7+MySQL入門ノート」という参考書を買いました。

事前に自分がどこで躓いているかわかったら、その情報が載っている参考書を選ぶとよいですね。

索引で調べると参考書に載っているかどうかすぐにわかります。

 

ウェブカツだけで理解できる人は絶対に必要というわけではありません。

ウェブカツ自体はとても分かりやすい内容なのですが、進むのが早いのでそこを参考書や他のサービスで補うことも考えてみたらよいかと思います。

 

5、プログラミング学習は毎日続けるべし

これは昨日改めて思ったことです。

新婚旅行のため23日~29日までウェブカツお休みしました。

※ウェブカツだけでなくプログラミングのことは一切考えずに楽しみました

 

元々決まっていたことだったのでしょうがなかったのですが、この1週間全くプログラミングに触れないということがどれだけ恐ろしいことが帰ってきてから気付かされました。

直近までPHPをやっていて少し理解できていたところだったのですが、帰ってきて同じところからやってもまったくわからない…そうです、忘れてしまったんですね。

30分でも良いから毎日続けたほうが良いという言葉の意味が分かりました。

 

ウェブカツ鬼十則にも書かれています。(仮入部したらマイページから見られます)

 

 

 6.日常にしろ

成功しない人は成長しない人。成長しない人は週数回しか学習しない人。日が空く学習方法はすぐに忘れる。思い出す事に無駄な時間をかけるな。プロ野球選手にバットを持たない日などない。

 

新婚旅行+体調不良で9日も触っていない…。

プロ野球選手ならクビですね。

ここから巻き返します。

 

 

6、マイペース努力!

最後に自分に言い聞かせる意味も込めて…。

私は昔から人と比べられるのが嫌いです。

嫌いな割に人と比べては自分が劣っているところを見つけて勝手に落ち込んだり、劣等感を持ったりしています。

今もTwitterを見ては、沢山の方の頑張りを見て刺激を受ける反面、「私なんかが本当に稼げるようになるのか」と不安になることもあります。

ウェブカツに限らず身近にプログラミングを学習している人が多くいるのでそこからくる焦りもあるのだと思います。

でもきっと何年かして「あの時はまさか自分が本当にプログラミングで食べていけるとは思ってもなかったな!」と笑っていられるように今自分と戦う時だと思います。

マイペースに努力を!

同じ気持ちで焦っている方、不安な方いたとしたら自分だけじゃないと思って頂けると幸いです。

 

7、まとめ

この1か月で計画を立てること、自分に合った学習を見極めること、質を重視した学習をすること、ウェブカツ+αの学習で理解を深めること、毎日続けることの大切さを学びました。

2か月目からは少しずつでも毎日続けてプログラミングに触れるということをしていきたいと思います。

そして、焦らない。自分のペースで自分が決めたことを愚直にやるということを絶対にブラさない。

そんな2か月目にしていきたいと思います!