やりたいことは家に在る

営業を辞めた女がプログラマーになるまでの記録。

平成の終わりは、私の営業人生の終わりだった

今まで書き留めた記事をすべて下書きに戻しました。

(削除しないところが私らしい…笑)

また1から始めます。

 

さて、平成が終わろうとしておりますが

丁度2019年4月末をもって5年と1か月働いた会社を退職しました。

 

その会社はリクルートの子会社で広告の営業をしていました。

 

大変だったけど自分で考えた企画が形になる喜びや

クライアントからの感謝の言葉でやってこられたと思います。

そして何によりも社員の方々がとても良い人だったので

感謝しきれないほど助けていただきました。

 

5年目の2018年度は死ぬほど忙しくなってしまって

まず先にお腹が痛くなって動けなくなり思うように仕事ができなくなりました。

今思うと空気を読まずここで誰かに助けを求めるべきだったのですが

その時は上司を始め社内の全員が人手不足により余裕のない状況で

誰にも「辛い」なんて甘いこと言えなかったです。

 

しかし、体調の悪さと思うように仕事ができない自分への罪悪感で

メンタルまでやられてしまって働けなくなってしまいました。

ここでやっと1か月の休職をさせてもらうことになり

日常の忙しさに押しつぶされていた思いが解放しました。

 

今の仕事は楽しいが体力的につらい。

私がこんな体になるまで働いて何になるのか?

会社にも恩があるが、自分の人生や自分の周りの人の人生の方が

守っていかなければならないものではないか…と思いました。

そこで退職を決意しました。

 

そこから正式に退職するのに数か月かかり4月末退職という

大変微妙な時期に辞めましたが今はとても開放感でいっぱいです。

 

===

 

退職の1か月前に入籍もしました。

(この1年で環境がすごく変わってついていけない…笑)

 

彼が転勤のある人なので、

将来的には彼の転勤に合わせてその場その場で自分のキャリアを考える人生ではなく

自分の意志でキャリアを考えられるように

どこにいても働ける人材になりたいなと思いました。

 

簡単にいうとリモートで働くということです。

それが実現できる職業が沢山ある中で1番興味が湧いたのが

プログラミングでした。

 

2018年の夏ごろからうっすら考えており

ヒューマンアカデミーに通うも土日しか通えず

あまりスキルがついていないということで

この度、『ウェブカツ!!』さんにお世話になることに決めました。

 

職業訓練やCodeCampも迷ったのですが決め手は

①価格 ②期間 ③有料であること

この3つです。

 

①の価格は簡単にいうと

女性割引半額があるからです。

単純に半額になるから良いということだけでなく

女性がプログラマーになることを応援してくださってる

そのスタンスに自分の背中を押してもらえたような気がしました。

つい最近まで本当に自分にできるのか?

また営業をやったほうが社会貢献できるのではないか?など

もやもやしていたこともありましたが

一気にモチベーションが上がりました。

 

②の期間はなるべく早く就職したかったので

元々半年の通学と決まっている職業訓練や2か月の期間が決まっているCodeCampは

とても迷ったのですが辞めました。

じっくりやりたい方にはおすすめかもしれません。

 

③の有料であることは

やはり無料のスクールは無料にしては良いという内容なだけで

本当に実務で役立つかどうかは疑問だと思ったからです。

また、私の性格上無料のスクールだと逆にモチベーションが上がらないので

あえてさらにお金をかけることにしました。

(ヒューマンアカデミーでも大金使ったのに…)

 

本日申請したばかりで、

きっとGWがあるから5月中~下旬から本格始動だと思いますが

これから目標に向かってかつてのイノシシのような勢いで走り切ります!