やりたいことは家に在る

おうち大好き家系ブロガーえってぃの「こってり高カロリーブログ」

【とっかえひっかえで何が悪い!】相性の良い人と出会うパートナー探しの極意はこれだ

f:id:echigorira-diary:20181222170638j:plain

みなさん、こんにちは。

プロフィール画像がボーイッシュなので男性と認識されている可能性があるかと思ったので改めて…田舎在住アラサー女のえってぃです。

 

もうすぐクリスマスということで、ちょっと男女の恋愛について考えてみました。

昨年は付き合っている人とクリスマスディナー!ということで、食べログで人気のお店に行きました。

コースの値段を確認せずに予約し、当日1人16000円(2人だから…合計は32000円)支払ってクリスマスって怖いなと思ったのが良い思い出です。

※ちゃんと確認してから行くべきでした…笑

 

そんなこんなで、その時ディナーに行った方と3月に入籍します。

その方と知り合うまでに自分でも驚くほどの人数と出会い、付き合い、別れを繰り返しました。

そんな私の恋愛事情を聴いた人は皆、「クソビッチだ」「とっかえひっかえだ」とそれは散々な言われ方をしてきました。

別に好きでとっかえひっかえしているわけではない!!

なのに、なんでそんなことを言われなければならないのかと悩んだ時もありました。

今は冷静にあの時の自分の行動と周りからの目を分析できるようになったので、本日は私の恋愛観とどうやったら彼氏ができるか考えたのでご紹介します。

 

 

 

1、私の超簡単な恋愛遍歴と考え方の変化

私が最初にお付き合いしたのは大学1年生の時の部活の先輩。2年付き合って破局。

次は大学3年生の時に1つ上の先輩と付き合いって2年で破局。

大学のころは

  • 自分が所属している部活の人
  • 自分が所属している専攻(ゼミ)の人
  • 友達が所属している部活やゼミの人
  • バイト先の人
  • 近くの大学の人

などなど、出会いがたくさんあったし、一緒に勉強したり部活で盛り上がったり飲んだり旅行行ったりと自然にお付き合いに発展することも多かった。

また、お互い一人暮らしなのでほとんど半同棲状態。

2年間付き合うことはなんの苦でもなかった。

このときは自分も純粋で恋愛に対して理想も期待もしていた。

自然な流れで出会い、徐々に惹かれてお付き合いをし、その人とと結婚をする。

できれば25歳くらいで結婚したい、子どもも早くほしい。

そんな妄想をしていた。

 

ちなみに別れた原因は遠距離で会えなくなったから。

この時に私は遠距離恋愛が向いていないことが判明する。

 

社会人になって私の恋愛観は変わった、というか変えざるを得なかった。

なぜなら、社会人は出会いがない!!

職場は女性が多く(そもそも職場恋愛は嫌だったので)彼氏を見つけることは困難。

自然な流れで人を好きになり、その人とお付き合いすることに期待をしなくなっている自分がいた。

自然な流れを待っていて、婚期を逃した方を目の当たりにしたからである。

気づいた時には営業マンのごとく目標達成に向けたスケジュールを切るようになっていた。

 

 

2、彼氏を作るという目標に対しての打ち手は「ひたすらな飛び込み営業」

社会人2年目、23歳の10月。

早生まれの私は、クリスマスからの年末年始からのバレンタインデーからの自分の誕生日という一連の流れを絶対に一人で過ごしたくないと思い、目標を12月23日までに彼氏を作ると設定した。

 

営業だった私は常に決めた目標に対して、達成するためのシナリオを作るのが癖だった。

例えば、目標までにあと3件分の受注が足りない場合、平均10件飛び込み営業をして1件受注できるとしたら、月末までに30件飛び込む…といった感じ。

その頃は大学生に毛が生えたくらいの純粋な心を持つ未熟な営業マンだったため、フットワークの軽さだけで営業活動しており、仕事では本当に臆することもなく毎日飛び込み営業をしていた。

もちろんそのフットワークの軽さはプライベートでも発揮できた。

ただひたすらに彼氏を作るという目標に向かってありとあらゆる出会いの場に出向くのだった。

 

 

3、飛び込み営業の失敗を振り返り、必ず次に生かす

彼氏を受注するために訪問した営業先は以下。

  • 飲み会合コン
  • スノーボード合コン(男たちが皆かっこよく見えるからおすすめ)
  • 街コン
  • 婚活パーティー
  • マッチングアプリ(ペアーズなど)

10月に目標を決めてから毎週土日はすべてそれに費やした。

同じことを考えている友達がおり、「合コン部」なるものを作り活動をした。

11月は1か月10万円くらい使ったがそれくらい本気だった。

※スノーボードって結構お金かかるんです

 

結果は12月24日は付き合ってない人と一緒に過ごし、告白されるかな?と思ったらされず…そこかれどんどん疎遠になり音信不通に。

年末年始は実家でダラダラし、バレンタインデーは会社で義理チョコ配り歩いて、自分の誕生日は街コンに行きました(笑)

12月23日までに彼氏を作るという目標は達成されなかったが、飛び込み営業のかいあって、春から秋にかけて何人かとお付き合いした。

 

しかし、付き合う人付き合う人、全員3か月以内で破局という結果になった。

 

何が悪かったのだろうと考えたとき理由は様々だったが、本質をたどれば

ちょっと私が重たかった

という結論になった。

 

基本的には毎日連絡を取りたいし、記念日とかも一緒にいたい、相手が今何をしているかも基本的には知っていたい。

でも相手からすると、合コンやアプリで出会ったやつにそこまで詮索されたくないし、最初はいいなと思っていても付き合ううちにうるさくなってくるのではないか。

私はそう分析した。

※きっと他にいい女が現れた、そもそも私が遊びだったなど今となっては知りえない理由で別れた人もいたと思います…涙

 

失敗したのちに振り返り、重たいという結論が出たなら、重くしなければよい!

今までは沢山の人に出会って付き合って別れを繰り返してきたけどもう疲れた。

最初から量で勝負したら駄目だったんだ。

質で勝負しなければ…!!

次に付き合う人には絶対に重たくしないようにすると心に誓って再出発。

ここで最初に決意した時から1年が経過していた。

 

 

4、自分を変えてまで彼氏がほしいか?

次に付き合った人とは結果的に半年付き合うことができたが、「重くならないように…重くならないように…」と気を遣って接していたし、彼からは重くないところが好きと言われていた。

自分を作りながら付き合っていく中で自分自身もそこまでドはまりするほど相手を好きにはなれず(それが重くならずに済んだ理由だったのかもしれないが)、ふと我に返ったときに自分が彼氏をほしいと思った理由を改めて考えた。

結婚したいからその相手をさがしている?いや、違う。

彼氏がいる人というステータスがほしい?いや、これも違う。

彼氏がほしいと思ったのは彼氏という名の自分が愛せる人が欲しい、なぜならそんな愛する人といる自分はきっと幸せだから…!

 

だから、全力で愛せない彼氏などいらん、自分を作らないと付き合えない相手ならどんなに顔が良くても幸せじゃない!

そう思ったときになんでこの人と一緒にいるんだっけと思って別れることになった。

 

その時に自分に誓った。

このまんまの自分を好きになってくれる人なんていないかもしれない。

(現に今までの人と短期間で別れてきたし…)

でも自分に嘘はつかないでありのままの自分を好きになってくれる人を探す。

だからつらい思いをするかもしれないけどまた飛び込み営業再開する!

自分に合う男は数打ちゃ当たると信じる!

 

 

5、えってぃ流「数打ちゃ当たる論」はこれだ!

自分の恋愛遍歴が長くなってすみません…。

以上から私が考える数打ちゃ当たる論、取り組み内容は3つ。

 

①いろんな人に出会える場に出向く

「合コン企画してくれる人がいないもーん」と思ったそこのあなた!

今の時代そんなの言い訳になりません。

街コンやマッチングアプリなどで出会いの場など死ぬほどあります。

 

「街コンやアプリで出会うのはいや!」と思ったあなた!!

いつまでに結婚したいなど目標はありますか?

その目標に対して悠長なことを言っている場合ですか!?!?!

私も最終手段だと思っていましたがマッチングアプリの威力最強です。

女性は無料で使えるし、事前に相手のスペックや顔などの雰囲気もわかるのでコスパ最強です。

 

②出会いの場で1番良いと思った人とと必ず連絡を取る

合コンに行って「今日はずれだったねー」で終わる人。

大変もったいないです。

その合コンに来ている人は自分に合わなそうでも、男友達がすごく多くて他の人を紹介してくれる場合もありますよね?

実際私の職場の方で、街コンで出会った人に「俺の知り合いと合いそうだわー」と言われ紹介され結婚する人がいますよ。笑

収穫のない合コンなどない。街コンも同様です。

 

③告られたとき、キスできる人ならとりあえず付き合ってみる

告白されたけど好きじゃなかったから断ったという話よく聞きます。

すごく健全でよいと思います。

が、私なら好きじゃなくても付き合います。

なぜなら、付き合っていくうちに好きになることもあるからです。

これは完全に人によるので、最初から恋愛対象に見えなかったら無理!という人もいますね。

なので私は自分の中で「キスできるかどうか」を考えてから答えます。

"キスできる=生理的に受け付けなくはない”ということなのでそこがボーダーラインです。

 

付き合ってみると意外とこんな良いところがあるんだ!と知ることもできるし、逆に付き合ってみたら付き合う前と全然違った!ということもあると思います。

今のパートナーも最初より断然今のほうがいいなと思うところが増えました。

 

 

6、まとめ 男女のお付き合いはもっと軽いものでよい

出会いがないと言っている人を見ると、イケてない営業マンを見ているみたいです。

出会いがないなら自分から出会いに行く、営業に行かずにさぼっているのと一緒です。

 

そして、自分の価値を高めるのも大事ですが、気軽にごはんに行ってみるのと同じで、ちょっとでも可能性があるのであれば気軽に付き合ってみるのもよいと思います!

 

もっと自由な恋愛ができる世の中になりますように!