やりたいことは家に在る

おうち大好き家系ブロガーえってぃの「こってり高カロリーブログ」

胃が痛くて動けなくなった私が意を決して心療内科にいってみた話

みなさま、こんにちは!

おうち大好き、家系ブロガーえってぃです。

 

前回の初投稿でさらっと書きましたが

人生で初めて心療内科に行ってきました。

 

心療内科のイメージが人それぞれあるかと思います。

正直私も行くまではうつ病の人が行くところだと思っていました。

ましてや自分がストレスなど心が病むような人間ではないと思っていたし、心療内科はなんか敷居が高い。

そんな私にもいろいろと限界がきてついに行ってきました。

結論、『気軽に行ってみたらよい』です。

 

同じ思いをしている人に少しでもお伝えできたらと思います。

 

 

 

1、原因がわからないが具合が悪い…そんなとき

私の場合、体調が悪くなってから様々な病院を転々としました。

胃が痛く吐き気がする。食べたら吐くから何も食べられない。

おなかが痛いから眠れない。仕事も休みがちになり、仕事が溜まっていく。

他にやってくれる人がいるわけでもないのでどんどん追いつめられる。

そして仕事のことが心配になって胃が痛くて眠れなくなる…。

 

眠れない、食べれないだとどんどん心も弱っていく。

そして病院三昧です。

それはもう、一生分行ったのではないかというくらい。

内科、胃腸内科、消化器内科、産婦人科、心療内科などに行きました。

 

胃腸の薬をもらって飲んでも治らない、胃カメラの検査しても治らない。

お医者さんは風邪だとか、食あたりだとか言って逃げる。

食あたりが1か月も続くんかいと思っていた。

 

 

検査しても異常なし、薬飲んでも治らない。

ストレス?自律神経の乱れ?なのではということでホルモンバランスの乱れを改善してもらうため婦人科に行こうと決意。

 

 

2、全然予約の取れない人気病院たち…汗

婦人科の方が心療内科よりは自分の中で敷居が低かったので婦人科に行こうと思いました。

朝9:00になり予約するため電話。

 

えってぃ「すみません、本日予約したいのですが…」

受付  「初診でしょうか?」

えってぃ「あ…はい」

受付  「でしたら、最短で2週間後の○月▲日に…」

えってぃ「……」

というやり取りをリアルに10回繰り返してやっと予約できたのが、結局お世話になった心療内科。

 

婦人科はもちろん心療内科でも人気のところは予約でいっぱいで、みんないろいろ苦労しているのだなと感じました。

 

 

3、心療内科の診察について

予約していたので全然待たずに診療開始。

おじいちゃん先生のすごい傾聴力でどんどん自分の中にある想いが言語化されていきました。

普通に途中で気持ちがあふれ出して泣きました。

 

先生は原因を探すためにものすごいこと細かにヒアリングをします。

 

  • 基本情報(年齢、経歴、住まい、既婚未婚など)
  • 職場のこと(社会人歴、どんな仕事か、人間関係)
  • 身内のこと(親の年齢や出身、叔父叔母の年齢まで…汗)
  • 最近起こったこと(災害、身近な人の死など)

 

叔父叔母の年齢まで聞かれて驚きました!

全然答えられなかったけど…。

 

体の不具合の原因が何か探るために30分ほど会話をしました。

その後薬をどれにするか一緒に決めて終了です。

 

診断の結果…簡単にいうと「過労」

過労という診断名はないので「身体表現性障害」ということになりました。

疼痛や吐き気、めまいなど、一般身体疾患を示唆 する身体症状が存在してはいるが、一般身体疾患、 物質の直接的な作用、またはパニック障害など他 の精神疾患によって説明できない、または完全に 説明することができない状態に対してつけられる 診断名である。

米国精神医学会の操作的診断基準であるDSM-Ⅳより抜粋

 

 

4、診療が終わった印象は…「意外とゆるい」

仕事に長期の穴を空けたくなかったため、

ダメもとでお願い。

 

えってぃ「仕事休めないので、2週間でもいいですか?」

先生  「2週間じゃ完治しないと思うけどいいよ~」

えってぃ「ありがとうございます…(いいんだ!笑) 」

 

結局、2週間ではよくならず…最終的には1か月休職したのでお医者さんのいうことは聞くことが大事と学びました。

 

 

5、気軽に行けるが初診は高い…

とても心も体もよくなったので、最終的には行ってよかったのですが、初診で診断書を書いてもらったので9000円くらいかかりました。

2回目からは4000円くらい。

またお医者さんによっても、合う合わないがあるらしいので、口コミなどを見てから行くことをおすすめします!

 

 

6、まとめ いろんな人に活用してほしい

うつ病の人が行くところ、自分はうつにはならないから行かない場所という先入観はないでしょうか?

私もまさか図太い自分がお世話になるなんて思いもしませんでしたよ!

でも辛いとき、苦しいときに、心のよりどころがないときに頼れる場所として活用してみるのはありなのではないでしょうか?

話を誰かに聞いてもらうだけでもとてもスッキリすることができました。

みなさんも立ち直れなくなる前に活用してみてくださいね。

 

 

悩み・ストレスの9割を消す! 不安の断捨離術【電子書籍】[ 本山悠 ]

価格:756円
(2018/12/14 22:32時点)
感想(0件)